ed治療薬バイアグラ

ed治療薬バイアグラ/その効果を実感してください

 

ed治療薬バイアグラ

ED治療薬バイアグラは、最初からED治療薬として開発されたのではなく、狭心症の治療薬として研究・開発が始まったんですが、被験者が与えられた試薬の残りを返却するのを渋ったことから、理由をただしたところ、被験者に陰茎の勃起を促進する作用が認められた事が判明したので、これを適応症としてバイアグラが発売されることとなったと言う逸話があります。

 

米国の製薬会社ファイザーが製造販売し、日本では1999年から医療機関向けの販売がが始まりました。

 

ED治療薬バイアグラは、ED治療薬と言えば「バイアグラ」と言われるほどの認知度を持った薬です。

 

 

それまで、いろいろな事情からSEXをあきらめていた人たちにとって、「バイアグラ」はまさに「奇跡の薬」だったわけですね。

 

しかし、ED治療薬バイアグラが日本で正式に販売される前に、狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用していた人(主に高齢者)が個人輸入で入手して性行為を行った直後に心停止に陥り死亡する事例が数件発生したため、「バイアグラ」を使用して性行為をすると心臓に負担がかかり死亡するという根拠のないデマが飛んだこともありました。

 

「バイアグラ」はいわゆる精力剤と違い、接触等の肉体的刺激によって勃起を促す効果があります。

 

ED治療薬バイアグラの効果は性交の1時間前に服用した場合5時間ほど持続します。

 

早い人ですと、服用して30分位から効果が現れ始めます。

 

ED治療薬バイアグラの欠点と言えるのが、食事やお酒の影響を受けやすいことなんです。

 

確実な効果を生み出すためにも、空腹時の服用を心がけましょう。

 

ed治療薬バイアグラは次のページから詳しく説明していますのでご覧ください。

ed治療薬バイアグラの歴史

1998年にアメリカのファイザー社から発売され、翌年の1999年に勃起不全の医療用治療薬として初めて正式に日本での認可された最も歴史があるED治療薬がバイアグラです。

 

「バイアグラ」と言う名称は、米国の製薬会社ファイザーが製造販売するシルデナフィルと言う医薬品の中で、ED治療薬のことを「バイアグラ」 という名称にしています。

 

もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まったんですが、研究所が被験者に与えた試薬の残りを返せと言ったところ、なぜか返却を拒んだらしいんですね。

 

被験者を問い詰めたところ、勃起を促す効果があったため、使用し続けたかったと告白したんだそうです。

 

その後ファイザーが勃起不全を適応症として認定し、バイアグラの発売に至ったんです。

 

いわば、偶然の産物と言ったところでしょうか。

 

現在「バイアグラ」に続いて「レビトラ」と「シアリス」というED治療薬が発売されていますが、歴史がある「バイアグラ」は改良が重ねられ、副作用なども少なく、最も安心して使用できるED治療薬と言えるのではないでしょうか。

日本で発売されてから、狭心症の薬(おそらく硝酸薬)を服用していた人がバイアグラを飲んで性交したところ、死亡に至った事例が続いたことから、「バイアグラを飲んでセックスすると心臓麻痺で死んでしまう」と言う根拠のない噂が流れた時期もありましたが、現在ではそのような事例は報告されてはいないようです。

 

ただ、ニトログリセリンなどの硝酸薬との併用は、くれぐれも避けなければなりません。

 

血圧の急激な低下を招き、最悪は死に至ることもあります。

 

最も歴史のあるed治療薬バイアグラをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ed治療薬バイアグラジェネリック

ED治療薬バイアグラのジェネリック(正確にはコピー薬)も数種類発売されています。

 

ED治療薬バイアグラのジェネリックで代表的なものは「カマグラゴールド」「タダシップ」「カベルタ」などがあります。

 

ジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品と同等の有効成分で作られ、新たに申請され、販売される医薬品をいいます。

 

ジェネリック医薬品は開発費用が新薬ほどかからないため、低価格で販売できるんですね。

 

名前は違いますが、成分や効能に違いはないんです。

 

ここで、ジェネリック関係の最新情報をお知らせします。

 

この4月から、シアリスと同じタダラフィル錠「ザルティア」(厚生省認可)が発売されました。

 

「ザルティア」は本来前立腺肥大による排尿障害の薬なので、保険の適用が可能なんです。

 

 

ということは、かなり安価で処方してもらえます。

 

5mgと2.5mgの2種類ですが、5mg×4錠=20mg(シアリス1錠分)ですよね。

 

成分や効能は同じなのに、価格は約半分以下で買えてしまうんですから驚きです。

 

なぜそんなに安いのでしょうか。

 

その答えはインドにあるんです。

 

世界でバイアグラジェネリックの製造・販売が可能なのは、インド大手製薬会社のみなんですね。

 

インドの医薬品は、低所得層でも充分入手できるように、国策として非常に低価格で、安全な製薬技術により、認可された「大手製薬社」が製造しているからなんです。

 

ただし、問題なのは通販などで手に入れたジェネリックが「正規品」なのかどうかと言うことです。

 

金額や、見てくれの良いWEBサイトにだまされて「ニセモノ」を掴まされる人は後を絶ちません。

 

「ニセモノ」は製造現場も不衛生であり、予期しない副作用の危険性もあります。

 

ここのサイトで紹介している輸入業者は「正規品」のみの扱いなので、安心して購入することが出来ます。

 

ed治療薬バイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

ed治療薬バイアグラ・国産ジェネリック

ed治療薬の「東の横綱」バイアグラですが、コストパフォーマンスのあるバイアグラのジェネリック薬も大変人気があります。

 

今までは特許の関係で、主にインドの製薬会社で作られたものが、インターネット通販で流通していましたが、「バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事に伴い、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになりました。

 

しかし、解禁になったからと言って、すぐにジェネリック薬を製造販売できる訳ではないんです。

 

人間の身体に少なからず影響を与える「医薬品」ですから、長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」などを証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんですね。

 

 

さて、国産バイアグラジェネリックの第一号は国内大手後発品メーカー「東和薬品株式会社」から、2014年5月19日に1錠1200円の価格で「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で発売されました。

 

OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類です。

 

その後も、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から、8月20日には「武田薬品株式会社」が発売。

 

10月には国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場しました。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

国産バイアグラジェネリックやed治療薬バイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ed治療薬バイアグラ・女性用バイアグラ

2015年8月18日米食品医薬品局(FDA)は、女性の性欲を高めるために開発された初の薬剤を認可しました。

 

商標名「Addyi」で知られていますが、性欲が減退した閉経前の女性のために開発され、「女性用バイアグラ」とも呼ばれているんです。

 

この薬を製造したのは、アメリカ・ノースカロライナ州の製薬会社スプラウト・ファーマシューティカルズという会社で、「フリバンセリン」という薬剤名でも知られています。

 

2002年に行われた調査によると、成人女性の約3分の1は性的欲求低下障害(HSDD)を経験している可能性があるとの結果が出ています。

 

ただ、性的欲求低下障害(HSDD)の原因は男性と違い、心理的な要素が大きな部分を占めていると言われているんです。

 

女性が性欲を持つ条件として、男性から愛されているという実感や自分の身体に対する自信などが必要だとしています。

 

なので、「Addyi」はどちらかというと、抗うつ剤などの脳の中枢神経系に働きかける効果を発揮する薬という要素が強いんですね。

 

男性のED治療薬のように、身体機能に直接作用する薬とは全く違う効果なんです。

 

服用の方法も男性のED治療薬が、ベッドインの前に服用するのに対して、「Addyi」は毎晩1錠づつ服用するんです。

 

 

また、「Addyi」は、お酒との併用は厳禁で、許可を受けた薬局でしか入手はできません。

 

お酒と一緒に服用すると、失神や極度の低血圧などのような深刻な相互作用を起こす危険性があると報告されています。

 

女性用バイアグラを知ったうえでさらにed治療薬バイアグラジェネリックを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ed治療薬バイアグラ・PDE5阻害薬

「バイアグラ」を始め「レビトラ」「シアリス」はPDE5阻害薬というジャンルに分類されます。

 

PDEとは、PhosphoDiEsterase(ホスホジエステラーゼ)の略で、細胞内のセカンドメッセンジャーで、勃起を促すサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまう酵素なんです。

 

PDE酵素にはPDE5とPDE3の2種類があって、PDE5は血管平滑筋などに存在しPDE3は主に血小板・心臓・血管平滑筋に存在します。

 

ペニスを勃起させるために重要な役割を持つサイクリックGMP (cGMP)は、増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、ペニス内の海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、 勃起の最初のアクションである海綿体への動脈からの血液流入増加を発生させて、ペニスを勃起させます。

 

このサイクリックGMP (cGMP)を分解してしまうPDE5の働きを阻害するのがバイアグラなどのPDE5阻害薬なんですね。

 

参考までに、PDE3阻害薬であるミルリノンは急性心不全治療薬、シロスタゾールは慢性動脈閉塞症の治療薬として使用されています。

 

PDE5阻害薬であるバイアグラは、1998年の春発売を開始してからわずか20年弱の間に、世界中のEDに悩む男性たちの救世主となりました。

 

最初は狭心症の病気治療薬の開発から始まり、偶然の産物として世の中に出てきたバイアグラが、これだけ世界中で活躍する事になろうとはだれが想像できたでしょうか。

 

PDE5阻害薬バイアグラをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ed治療薬バイアグラ・インド

バイアグラの成分であるシルデナフィルの特許が2014年に満了した事で、どの製薬メーカーでもバイアグラのジェネリックを製造する事が出来るようになりました。

 

ところが、2014年以前からインド製のバイアグラジェネリックは堂々と販売されていたんですね。

 

なぜ、特許が満了していないにもかかわらず、インドではバイアグラのジェネリックを製造することができたのでしょうか。

 

それはインド独自の特許法が大きく関係しているんです。

 

「1970年特許法」と呼ばれるインド独自の特許法は、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用した法律だったんです。

 

このことは、新薬の成分にかかる特許は一切認めず、製造方法にだけ特許を認めたため、製造方法さえ変えればジェネリック薬を自由に製造することができると言う、インドにとって非常に都合のいい法律なんですね。

 

「1970年特許法」によって、インドは低価格で新薬と同じ効果のジェネリック薬を製造することができ、1999〜2005 年の間に販売されたインド製のジェネリック薬は年額30 億ドル規模と推測されています。

 

売り上げが伸びたばかりではなく、「国境なき医師団」など紛争地域や発展途上国の医療に大きく貢献しています。

エイズ治療で使用する薬の84%が、インド製のジェネリック薬であるという報告もあります。

 

今や、発展途上国にとってインド製のジェネリックなくして国の医療制度は成り立たない程に大きな貢献をしているんです。

 

インド製のバイアグラやバイアグラジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


ホーム RSS購読 サイトマップ